<< 桜の次はチューリップ Crutch Bag Ⅱ >>

劇団☆新感線「蜉蝣峠」鑑賞

f0100209_0211954.jpg
先日ですが久々に舞台を見に行っていました。

劇団☆新感線の「蜉蝣峠(かげろうとうげ)」です。
劇団☆新感線は2回目の鑑賞。でも本当にチケットがとれなくて、今回もなかばあきらめていたのですが、ねばり勝ちです!そして、劇団☆新感線×クドカン×堤真一、とうことでかなり期待度もUP。

堤さんが出演されているので、もちろん行ってきたのですが(笑)、やっぱり存在感がありますね。最近舞台が多く、昨年9月に「人形の家」、12月「舞台は夢」と主演。どの舞台を見ていても、声の通りが他の俳優さんたちとは本当に違うと今回も実感。安心して見ていることができる舞台俳優さんです。

今回は最初??って思うお姿で登場。一瞬わからなかったけれど、関西弁のセリフではじまり、その後の着物姿が実にイロっぽい。そして、主役の古田新太さんとの殺陣のシーンが本当に本当に圧巻でした。生で見ると、ドキドキするぐらい迫力があります。

後日、ブログでこのお芝居について検索してみると、私が行った日は、役者さんのテンションもかなり高かったようで、カーテンコールも通常よりは長かったそうです。Lucky♪

しかし、内容を理解したかというと???。劇団☆新感線は難しい、、、
by shamaf | 2009-04-11 22:20 | play
<< 桜の次はチューリップ Crutch Bag Ⅱ >>