<< 北欧の旅 ストックホルム篇② ... 北欧の旅 フィンランド篇⑤ ~ 街中 >>

北欧の旅 ストックホルム篇① ~市庁舎

今回のツアーで一番時間がなかったのがスウェーデン・ストックホルム。

自由時間がなく、車窓の風景を楽しみながら、ノーベル賞公式晩餐会の会場になっている市庁舎とバロック様式の宮殿や庭園が有名なドロットニングホルム宮殿を観光しました。

f0100209_21441014.jpg
f0100209_2144345.jpg


市庁舎
f0100209_2181932.jpg
昨年、山中先生がノーベル生理学・医学賞を受賞しましたが、この市庁舎で晩餐会が毎年開催されるそうです。

f0100209_21115873.jpg
まさにこのホール「青の間」に机が並んで約1300人出席の晩餐会が開催。(あきらかに写真の撮り方失敗。広くみえませんが、とっても広いスペースです)

f0100209_21152995.jpg
ここで使われる食器は、ふだんは鍵のかかる倉庫に保管されているそうですが、展示もされていました。

市庁舎にはホールしかないように思ってしまいそうですが、議会会場ももちろんあります。
f0100209_21224891.jpg
ここで驚いたのが天井。
ヴァイキング時代の様式をとりいれているものだそうですが、あまりのすごさに上ばかり見ていて疲れました(笑)
f0100209_2123424.jpg


調度品もステキなものが多いので目を奪われることが多々。。。
f0100209_21475336.jpg


今年のノーベル賞ニュースは一層興味深く見ることになりそうです。
by shamaf | 2013-08-31 22:26
<< 北欧の旅 ストックホルム篇② ... 北欧の旅 フィンランド篇⑤ ~ 街中 >>