カテゴリ:book( 9 )

「家守綺譚」

今日で9日間の夏休みも最後。
休みの前日ってどうして気持ちが重くなるのでしょうか。。。

f0100209_2040255.jpg
夏休みに入る前には、
やりたいこと、やることリストをピックアップ。
結局できたことは2/3ぐらいでしょうか。。

輪番休暇の関係で9月にまたお休みがあるので、残りはそのときにおこなう予定です。

今日は最初から家で過ごすことにしていました。

家のことを片付けたあとは、高校野球を観戦したり、結局最後まで手付かずだった読書。

高校野球は本当に好ゲームが続きましたね。
ちょっとテレビを見ていないと点が入っていたり、逆転されていたり。。
選手たちは大変だと思うけれど、でもこの思い出はかけがいのないものになるでしょうね。
高校野球に憧れ続けていた私には、本当に甲子園の土を踏んだだけでもうらやましいです。

そして、テレビを見ながら読書もしていました。

以前、梨木香歩著書の「西の魔女が死んだ」を貸してくださったかたが、2月に貸してくださった3冊です。
時間がなかったので、なかなか読むことができなかったのですが、このお休みの中でも結局最後に
なってしまいました。

とりあえず今日読んだのは「家守綺譚」。

偶然にも9月に佐々木蔵之介さんが立ち上げている「Team申」というユニットで朗読劇として公演されることに
なりました。

今回の東日本大震災で、「Team申」が『ほんの少しのところから長い道のりを一緒に歩んでいきたい』という
思いでできあがった企画だそうです。

出演は佐々木蔵之の介さん、市川亀治郎さん、佐藤隆太さんの3名。

う~ん、行きたい!

でも大阪公演のみなんですよね。

この「家守綺譚」はひょんなことから家を預かることになった主人公が、季節とともに移り変わる庭の様子と
行方不明だった親友とのやりとりがステキな文章で綴られています。

朗読劇では、どこの場面がとりあげられるのかなあ、って考えながらって考えながら読んでいたけれど、
やっぱり見に行きたい!という気持ちが大きくなるばかりです。

残りの2冊も一気に読む予定。

最近、通勤時間にTwitterばかりしているので読書から遠のいていることを反省。
休みあけからはまた読書の比率を高めます!
by shamaf | 2011-08-14 21:05 | book

話題の本

すっかり読書から疎遠となった生活をしています。
理由は、かつては通勤時間に本を読んでいたのが、今はスマートフォンでTwitter、ネットサーフィン、、。

f0100209_17405464.jpg

そんな私の生活を知っているのかわかりませんが、相次いで本を貸してくれました。

そして、まず最初に読んだ本が岩崎夏海著書の

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

今でもベストセラーのトップにあがっている本ですが、とっても読みやすい本です。
要所要所にドラッカーの注釈が書かれており、物語の内容の裏付けとなっているので、私の中ではビジネス書でした。

といいながらも、最後は思わず泣いてしまったのですが、私の友達のことや、三浦しをんさんの「風が強く吹いている」を思い出しながら読みました。

公式サイトを見ていたら「甲子園だけが高校野球ではない」という著書も発売されているのですね。
こちらも読む予定です。


梨木香歩さんの本が3冊あるのは、私が以前「西の魔女が死んだ」に感動したことを覚えていてくださった方が「押し売りですけど、よかったら。。。」といって3冊貸してくださいました。

そして、こしらも話題になっている東野圭吾の「白銀ジャック」。
次はこの本を読む予定。

毎日の生活に少しゆとりがでてきたので、読書も復活です。
by shamaf | 2011-02-06 18:05 | book

「宇宙兄弟」にはまる

f0100209_22455933.jpg
めったにマンガを読むことのない私がはまったマンガが「宇宙兄弟」。

ひょうなんことから、1巻~9巻まとめて読むことになりました。
といっても、数巻づつ私の手元に届くので、手元の本がなくなると、次に届くのが待ち遠しくて。

特に8巻、9巻は涙なくしては読めない物語。
どんどん引き込まれていってます。
続きの10巻が待ち遠しかったのですが、先月末にやっと発売になりました。

新しいメンバーも登場して今後の展開も楽しみ♪
by shamaf | 2010-07-06 22:56 | book

読書の秋~涙篇

私の読書は、波にのれば読み続けるけれど、一旦読書欲がなくなるとず~っと読まなくなる傾向があります。
最近はちょっとした読書モード。本屋さんで選ぶポイントのひとつに、最近は本屋さんのコメント。読者視点にたっているから、結構アタリが多いんですよね。

そんな中で買った2冊を今日は紹介します。

「涙」乃波アサ
f0100209_9583537.jpg

乃波さんの本は読んだことがなかったけれど、どちらかというと長編が大好きな私は上下巻あったこの本をピックアップ。娘の離婚をきっかけに母が自分の婚約、婚約破棄、結婚までの壮絶なドラマが描かれている本。電車の中で何度も泣いてしまった本です。

「私という運命について」白石一文
f0100209_9562666.jpg

オビに「女性の揺れる10年を描いた感動の大傑作長編小説」っていうのも引き金になったけれど、こちらも連日電車の中で泣きながら読んでいました。恋愛、結婚、出産、別れと壮大な人生の話し。
そして、ゾクゾクしたのが、彼女の運命の日が10月23日だったのですが、なんとその日にその箇所を読んでいて、思わず身震いしてしまいました。急にリアル感がでてきて、本の中に自分がいるような感じになったのも初めてです。

白石さんの本は初めてでした。結果からはいるので、「ここにつながることって何だったかしら~!?」って思ってページをふりかえることも何度かあったけれど、しっかりそのあとに書かれています。途中からはその手法になれてしまったので、どんどん読み進めましたが、久々にお気に入りの作家となり、あらたな本も購入。

読書の秋、今年は何冊読めるでしょうか?
by shamaf | 2008-10-30 23:52 | book

おめでとう!ハゲタカ

f0100209_21485973.jpg
最初の放送のときに見逃してしまったNHKドラマ「ハゲタカ」。
この夏、再放送をやっていたので見ようと思っていたものの、なぜかタイミングがあわなくて録画していました。

最近、この録画を見たのですが、もうすっかりはまってしまい、翌日会社があるのにもかかわらず3時ぐらいまで見てしまったことも、、、。

もともと企業ネタが好きなのと、TBSのドラマにでていた大森南朋さんにもちょっとはまり、、、。
でもそのときのドラマの印象とまったく違い、俳優さんって本当にすごいですね。

後輩から「テレビと本は違いますよ~」って言われながら読み始めた小説。今「ハゲタカⅡ」の上巻を読み始めました。

そしたら昨日、世界でも権威ある放送番組国際コンクールで最優秀賞にあたる「イタリア賞」を受賞したという記事を発見。海外からも評価してもらえてすごいですよね。

もともと城山三郎の小説で企業ネタに興味をもち、山崎豊子、幸田真音、落合信彦など好きな作家です。今日から10月。秋といえば「読書の秋」。最近通勤時間は睡眠時間、、となっていましたが、しっかり読書しながら行きましょうか、、
by shamaf | 2007-10-01 21:51 | book

新刊雑誌Ⅱ

昨日、また1冊創刊。
f0100209_054536.jpg

「Elegant&Executive Woman」の頭文字からとったそうです。先だっての雑誌と違って、ぱっとみて違うと感じたのは文字が多い、、、っていうこと。
そして巻頭特集の「新世代エグゼクティブ500人の実像」に選ばれた方々の写真がとってもステキ♪やっぱり第一線で活躍されていらっしゃるかたは表情もステキだな~ってあらためて痛感。

仕事のヤマもちょとひと段落。今週来週は今年度のまとめと来期の準備です。私も少しでいいから「輝き」をもちたい!
by shamaf | 2007-03-14 23:44 | book

新刊雑誌

雑誌、大好きです!
3月も「AneCan」「GLACE」「marisole」と3誌創刊。新聞広告もすごかったですね。特に、「GLACE」は1週間ぐらい前から全面広告のカウントダウン広告をしていたのでビックリです!
f0100209_1251042.jpg

さすがに「AneCan]世代は遠い昔のお話しなので(笑)、「GLACE」と「marisole」を買ってみました。まだパラっとしか見ていないのでなんともいえないけれど、どっちも似たような感じ。あとはどんなテーマをとりあげているとか、自分の好みの服のパターンとか、日常生活にどれだけ私に刺激を与えてくれるか、、、などが私の雑誌選びのPOINT!
今、毎月読んでいる雑誌にさらに購読がふえるかどうか、これからチェックです。

しかし、鈴木京香さんをみると「華麗なる一族」の相子さんの印象が強くて、あの口調が私の頭の中でぐるぐるしています。昨日の視聴率は24%ぐらいだったそうなので、今週末の最終回が楽しみです。
by shamaf | 2007-03-12 23:57 | book

住みたい、、、

f0100209_2210981.jpg今日は、外出の帰りに六本木の青山ブックセンターへ。なんと今日がRENEWAL OPENの日だったのです(偶然)。さらに「料理通信 創刊号」を記念して、Sadaharu AOKIのマカロンをプレゼント。やることが違います!といってもこれは料理通信の企画だったようですが、雑誌は写真も綺麗だし、内容も料理、お菓子など全般にわたっていて読み応え充分!楽しく読ませていただきました。来月号も今から楽しみです。

f0100209_2222667.jpgf0100209_22222323.jpg
もともと本好きだったけれど、活字が並んでいるものばかり購読。ましてや、私の中で写真集とかは、<買う本>の類ではなく、、、。それが青山ブックセンターである日、お料理とかライフスタイルのコーナーに行ったら、楽しいこと♪楽しいこと♪♪ 先日は、MYブームの北欧に関する写真を2冊と、サヴィニャックの画集を購入。
さらにこのブックカバーを見てください。思わず予定していなかった文庫本まで今日は買ってしまいました。私には有隣堂の自分で選べるブックカバーも衝撃的だったけれど、それ以来の感動です。
青山ブックセンターに住んで、いつでも自分が読みたいもの、見たいものを手にできたら、なんて幸せなんでしょう!!
by shamaf | 2006-06-08 22:28 | book

夜のピクニック

f0100209_2248679.jpg

ちょっと前だけど、恩田陸さんの「夜のピクニック」を読んだ。

前から一度読んでみたい作家さんの一人だったけれど、
本好きの取引先の方と話していたときに、共通の知人が
“夜ピク”経験者という話しをしてくださり、ますます興味を
いだいた。
その後その方と話す機会があったので、“夜ピク”の
話しをしたら、この本を知ったときに夢中で読んだ、と話してくださった。

学生時代は、そのときは「なんで~」「めんどくさい」なんて思いながらやっていた
ことでも、最近では良い思いでとなっている。(年をとった証拠かしら~!?)

最近色々な人と話すたびに感じるのは、私は学生時代に友達と色々な思い出を
作っている、っていうこと。何気ないことなんだけど、文化祭、運動会、授業内容、
友達関係、、、どれをとってもエピソードが多いような気がする。

今週もその時代の友達と目黒川で花見。これも毎年恒例、、、。今から楽しみ!
by shamaf | 2006-03-27 22:54 | book