<< 【お知らせ】刺繍画展 クルスタッド・トリアノン~Yp... >>

「シダの群れ」&「宇宙兄弟」

昨日、今日のブログネタは金環日食が中心ですね。

私もしっかり通勤時間をずらして見ましたが、見ることに必死。
写真を撮ることは全然考えもしていなくて、皆さんがUPしているのを見て後悔しています。

今年はゴールデンイヤーで6/6、8/14にまたお楽しみがあるようです。

ところで、ちょっと前ですが「シダの群れ~純情巡礼編」を見に行ってきました。
f0100209_19384843.jpg


昨年11月以来の堤さんのお芝居。
今回はシアターコクーンで席も日数もあるので、チケットを取るのは楽勝と思っていたのですが、今回も大苦戦。
2階席での鑑賞です。

2010年にも第一弾が公演されていたそうですが、一部継承しつつ出演者もあらたな舞台でした。
見る前は「任侠もの?」って思っていたのですが、堤さん、はまり役ですよ!

事前に行かれた方の感想をみてみると、相関関係を把握していったほうがいいとのことで、プログラムを購入後さっそく予習。これから行かれる方はぜひ。
関係がわからないと、ちょっと難しいお芝居かも!?

風間杜夫さん、松雪泰子さんは存在感充分。
そして、今回ギターリストの村治香織さんが「ギターの女」として出演。
生演奏はよかったけれど、演奏する場面が限られていたので、せっかくだったら全般的に生演奏でもよかったのでは?

そして堤さんつながりですが、「宇宙兄弟」も見てきました。

今年に入って、東映「はやぶさ 遥かなる帰還」、松竹「おかえり、はやぶさ」と宇宙ものを見ていますが、こちらの「宇宙兄弟」は、2作と違って兄弟の夢のお話し。

モーニングで連載されていた漫画は8巻まで読んでいましたが、すでに17巻まで発刊されているのですね。
この4月からは日本テレビで日曜日の朝にもアニメとして登場。
ほとんどマンガを読まない、アニメ系のテレビは見ない私もかなりはまった「宇宙兄弟」。
映画の公開もずっと楽しみにしていました。

主役は六太役の小栗旬君。そして先に宇宙飛行士になった日々人役の岡田将生君。
映画公開前にいくつかインタビュー記事やテレビでの共演番組も見ましたが、本当に兄弟のよう。
岡田君は、事前に旬君のところへ泊りに行ったりもしたそうですが、映画でもお互いの関係が本当に
理想的に描かれていたと思います。

そして、堤さんは、ふたりの兄弟を幼いところからずっと見守っているJAXAの職員役。
とってもいい人です(笑)。
兄弟で宇宙飛行士になることができたのも、このJAXA職員のおかげ!

見終わったあとにパンフレットを購入。
色々なネタばれがあって面白かったのですが、一番驚いたのがNASAのシーンは実際にNASAで撮影したと
いうこと。他の映画ではCG処理した内容をパンフレットに記載してあったので今回もCGだと思っていたのですが、、。
あと、最後のシーンは台本なしでアドリブだそうです。

事前にわかっていれば映画の見方も違ったのに、、と思って今週また行くことにしました。
by shamaf | 2012-05-22 21:47 | play
<< 【お知らせ】刺繍画展 クルスタッド・トリアノン~Yp... >>