<< お気に入り♪~代官山・蔦谷書店 はやぶさからの贈り物 >>

ハービー・山口トークショー「ぼくが植田正治さんから学んだもの」

写真家ハービー山口さんのトークショー「ぼくが植田正治さんから学んだもの」にkeiko★ちゃんと行ってきました。
f0100209_1949391.jpg


現在、JCⅡフォトサロンで「植田正治作品展 童暦・砂丘劇場」が開催されており、この展示にあわせての開催。
植田先生は来年生誕100年を迎えられます。

ハービーさんが20歳の頃に出会った植田先生の写真集との思いでから始まり、質疑応答含めて2時間のトークショーでしたが、初めてうかがう話しが多く、とても楽しい内容でした。

植田先生は70歳をすぎてもジーンズをはきこなしている姿を写真を通して拝見していてダンディーな紳士と感じていたのですが、今日その謎が解けました(笑)

「いい写真家の条件」という話しの中で、植田先生は

 古い人間だと写真も古くなる。

という想いがあったそうで、東京にくると表参道で最新のスーツを10着購入して、『今』を常に感じていたそうです。
『好きな分野の今を知る』ことの大切さを教えていただきました。

今回ハービーさんは講演をするにあたり、植田先生を師と仰いでいる福山雅治さんに「植田先生から学んだもの」をメールでッ質問したところ

 精神としてのアマチュアリズムは何事にもとらわれず、
ただ心のおもむくままに表現すること


という返信が届いたそうです。


私が福山ファンになったのは、彼の写した写真を見てから。

人の表情や景色が本当にいつもひとつの「絵」のように感じられ、「偶然この景色やシーンに出くわした」という
コメントを見ることが多かったのですが、そこに「心のおもむくままに」ということがストレートに表現されているということをあらためて感じました。

ライカのカメラのエピソードもたっぷり聞いて、私の「ライカ欲しい病」が再熱です。

今年の夏は「植田美術館」に行ってきます。
本当はGWに行こうかと計画していたのですが、調べる時間があまりなかったので長崎へ。
植田美術館は夏休みに、、とそのときに決めていたところ、ハービーさんから植田先生のお話をゆっくりうかがうことができて、本当に楽しみになりました。

飛行機、ホテルも予約済み。
あとはお天気に恵まれますように。。。



そして終了後は途中から参加のmeekaさんと3人でお茶しました。
meekaさんとは本当に久しぶり。。。
f0100209_1953127.jpg

色々な手作りの話しが中心だったけれど、私が以前お願いしていたことを覚えていてくださって、しっかりと
この日に持ってきてくださいました。
こちらは、私が「作業」しなくてはいけないので、またいずれUPしますね。
by shamaf | 2012-06-13 20:03 | photo
<< お気に入り♪~代官山・蔦谷書店 はやぶさからの贈り物 >>