<< 箱根のお菓子 ビーズのお道具箱 >>

美術めぐり

f0100209_223624.jpg新年早々、東京では色々な美術展がやっています。チケットをいただいたので、まとめて行ってきました。

☆川﨑小虎と東山魁夷展(日本橋三越本店ギャラリー)
学生時代から東山魁夷さんの美術展には行くようにしています。唐招提寺の襖絵に衝撃を受け、それ以来ファンに。特に私が好きな作品は「緑響く」。緑の木々に覆われた山裾の池畔に一頭の白馬が歩いている絵です。この緑を見ているだけでほっとします。
今回は、北欧やドイツをテーマにした絵が多く、見慣れているはずの絵も、そのときの自分によって受ける印象が違うので、毎回見ていてもあきません。


☆アルフォンス・ミュシャ展(日本橋高島屋)
何気にふだん、色々なところで目にするミュシャの絵。チェコの美術館所蔵作品160展が来日したようですが、はじめてまとめて見たような気がします。正直、あんまり好きなほうではないので、サッと見ました。

☆世界遺産写真展Ⅲ(東急東横店)
毎週日曜日に放送されている「世界遺産」を、番組の視点にたって世界の著名な写真家が撮影した写真の展示会。「自然」「文化」「日本」の3つのカテゴリーで紹介されています。どれもスケールが大きくて、ひとつひとつ見入ってしまいました。海外の自然のスケールの大きさにあらためて感動し、日本にもたくさん世界遺産があることを再認識。3年前に屋久島、2年前に知床に行ったけれど、今年は熊野古道、白神山地のどちらかに行きたくなりました。

今年は今後、オルセー美術館展、レオナルド・ダ・ヴィンチ展、ポンピドーセンター所蔵作品展など楽しみ。特に、レオナルド・ダ・ビンチ展ではウフィツィ美術館の「受胎告知」が日本で見ることができるなんて信じられません。3年前にウフィツィ美術館で見て友達としばらく動けませんでした。イタリア国内でも美術館からでたことがない作品が日本にきてしまうなんて、本当にすごすぎる。3/20~開催のようなので、早々に見に行きたいものです。



f0100209_23542222.jpg美術めぐりの前に浅草へ。ものすごい人で、お昼を食べようにも、お気に入りのてんぷらやさん、おそばやさんは長蛇の列。以前1度行ったことのある「天国」へ行ってきました。待ち時間ゼロ。この1週間、カロリーオーバーだったから、ちょうどよかったかも!?
by shamaf | 2007-01-07 23:01 | art
<< 箱根のお菓子 ビーズのお道具箱 >>